【要チェック】シルキースワンに副作用が出た人っているの??

MENU

【要チェック】シルキースワンに副作用が出た人っているの??

シルキースワン口コミ

 

シルキースワンを使っていて、副作用が出た人っているのでしょうか??イボを治したくても、お肌に副作用が出るなら怖くて使えないし・・・
直接お肌に塗る製品なので、ここでは気になるシルキースワンの副作用(デメリット)について調べてみました。シルキースワンに入っている成分一覧にしてまとめましたので、副作用もしくはデメリットが気になる方はぜひご覧になってみて下さいね^^

シルキースワンに副作用ってあるの??【目次】

シルキースワンの成分で副作用の報告がある成分はどれ??

成分

危険度

副作用(デメリット)

ビタミンC誘導体

(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)

デメリットとして一部、お肌にピリピリした刺激があるとの報告あり。濃度が高いものの場合。

オウバクエキス

(キハダ樹皮エキス)

なし

ヨーロッパブナ芽エキス

なし

ヨクイニンエキス

 

化粧品についての毒性はナシ。飲み薬や漢方の場合で、まれに下痢や便秘。蕁麻疹や発疹などの報告あり。

ハトムギ種子エキス

 

なし

チャカテキン

(没食子酸エピガロカテキン)

なし

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

なし

グリチルリチン酸2K

化粧品についての毒性はナシ。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

なし

パーシック油

なし

ダイズ種子エキス

なし

カンゾウ根エキス

化粧品についての毒性はナシ。飲み薬の場合、過剰摂取で低カリウム血症・血圧上昇・むくみの報告あり。

オウゴン根エキス

なし

ドクダミエキス

化粧品についての毒性はナシ。カリウムが大量に含まれている為、飲料する場合は腎機能に疾患があるひとは注意が必要。

プラセンタエキス

一般的な化粧品についての副作用の報告はナシ。

加水分解コラーゲン

ほぼ副作用の心配はありませんが、過去にコラーゲンやタンパク質で副作用の症状が出たことがある人は注意が必要です。

ヒアルロン酸Na、

化粧品についての毒性はナシ。

(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー

なし

イソヘキサデカン

なし

ポリソルベート80

化粧品についての毒性はナシ。インフルエンザのワクチン投与の際に、免疫系に影響があるとの報告がある。添加物。

オレイン酸ソルビタン

なし

カルボマー

なし

アルギニン

なし

ミリスチン酸オクチルドデシル

なし

フェノキシエタノール

パラベン(防腐剤)と同様の毒性がある。お肌への影響は安全・危険などどちらの意見もある。

BG

グリセリンよりも低害の成分。お肌が弱くても比較的安全ですが、無害ではない。

香料

一部の合成香料には、お肌のかぶれや色素沈着を引き起こす可能性も指摘されています。

 

シルキースワンに含まれる成分の中で副作用やトラブルの報告があった成分

シルキースワンの副作用を調べてみた結果、少し気になる成分が見つかりました。
調べた結果、下に記載した5つの成分が含まれているスキンケアや美容化粧品をお使いで、お肌にトラブルがあったという報告が見られました。

 

 

ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)

濃度が高い場合は刺激が強く、お肌がピリピリするなどのトラブルあり。

加水分解コラーゲン

過去にコラーゲンやタンパク質で副作用の症状が出たことがある人は注意。ただし、副作用の心配は少ないとされている。

フェノキシエタノール

パラベン(防腐剤)と同様の毒性がある。お肌への影響は安全・危険などどちらの意見もある。

BG(ブチレングリコール)

スキンケア商品や化粧品などで使用される成分の一つ。保湿剤として含まれることが多く、お肌が健康な方は使用しても問題はありません。
ただし、まれに敏感肌の方は皮膚炎などの症状がでたケースがあるそうです。

香料

一部の合成香料には、お肌のかぶれや色素沈着を引き起こす可能性も指摘されています。

 

 

中でも調べていて気になったのが『フェノキシエタノール』という成分です。その危険性はどうなのでしょうか??

 

フェノキシエタノールって安全??危険

植物由来の成分ですが、植物だからと言って全て安全ではないとの意見がある。
化粧品の配合量は100gに1g以内と規定で定められていますが、パラベンと同等の危険性が指摘されています。
その危険性として、喘息がある方は咳が出たり、または頭痛を引き起こすなどの報告が見つかりました。
ただし、化粧品を腐らせることなく品質を保つために必要な成分でもあります。悪いイメージのあるパラベンの代用として、自然界か抽出された成分としてフェノキシエタノールは安全性や好感度の高い成分として注目されています。無添加・防腐剤フリーの化粧品に比べてしまうと、少し残念ではありますが、極めてお肌への刺激は少ないとされています。

 

フェノキシエタノールに関しては、ネットで様々な意見が飛び交っていて、正直どの情報が正しいのか解りません。。。シルキースワンにはその成分が含まれているんだなぁと認識しておくことも大切ですね。

 

その他には、漢方や飲み薬の場合過剰に摂取することでの副作用報告のあった成分もありました。
また、インフルエンザのワクチンで投与された場合に注意が必要な成分もあります。ですが、これらの成分の場合は「化粧品についての毒性はほぼ無い」とされています。
含まれる成分量での、目立った副作用などは見受けられませんでした。

 

シルキースワンの成分から分かる副作用のまとめ

 

副作用とデメリットなどをまとめましたが、こうやって調べてみると本当に色々な成分が配合されているなぁと思いました。自分の肌に直接つける製品なので、成分を注意して知っておくことも大切ですね。
今のところ、シルキースワンの製品を使っていて大きなトラブルが起きたとの情報はありませんでしたが、女性はお肌の状態や体質、ホルモンバランスなどによっても急にお肌に合わなくなるケースもありますよね。シルキースワンを使っていて肌にトラブルが起きた場合、「この成分がお肌に合わなかった」と特定するのが難しいのかもしれません。
スキンケアや化粧品を選ぶときは安全性が気になるところですが、敏感肌の場合は、使用前にパッチテストを行うか、万が一使用中にお肌に以上が現れた場合は使用を控えましょうね。

 

ちなみに私の場合ですが、アトピー持ちで敏感肌ですが、これまでシルキースワンを使っていてお肌が荒れたことはありません。

 

シルキースワンは敏感肌の方でも使えるジェルとされていますが、イボにも効果が見られているし、使い続けるとお肌にハリや潤いが生まれますし、トラブルの報告もないので安全な美容製品だと実感しています。首元のイボにお悩みの方は、試してみる価値は十分にあると思いますよ^^

 

≫シルキースワンを使って効果はあった??私の口コミはコチラ♪≪

 

シルキースワン口コミ

≫シルキースワンの最安値通販情報を調べてみました♪≪